山とか酒とか

登山やお酒を始めとした趣味全般を雑多に、また個人的に有用だと思った情報を紹介しています。

山とか酒とか

剣山系縦走その3(お亀岩避難小屋→三嶺→高ノ瀬→次郎笈→剣山→一ノ森)

前回記事『剣山系縦走その2』からの続きです。

inuyamashi.hateblo.jp

f:id:SISIS:20210501142852j:plain

この日は剣山系の主峰である三嶺次郎笈、剣山の三つのピークを踏破するという今回の登山におけるハイライト的な一日。前日宿泊したお亀岩避難小屋を出発し、先ずは西熊山から剣山系西の主峰である三嶺へ。この日は終始展望を堪能しながらの尾根歩きですが、道程は非常に長い。三嶺の後はカヤハゲ、白髪避難小屋、高ノ瀬、丸石とピークを越えていく。次郎笈に到着する頃には疲労感もそこそこ溜まっていましたが、そこから臨む剣山は疲れを忘れる程に素晴らしく、そして剣山から臨む次郎笈もまた同様に目を見張るものがありました……その後はテント場があるとされる一ノ森まで移動。

続きを読む

剣山系縦走その2(京柱峠→土佐矢筈山→矢筈峠→綱附森→天狗塚→お亀岩避難小屋)

前回記事『剣山系縦走その1』からの続きです。

inuyamashi.hateblo.jp

f:id:SISIS:20210501142849j:plain
二日目は前日テントを張った京柱峠からスタート。早朝から降り始めた雨の中、まずは土佐矢筈山を乗り越えるべく登り始める。前日の道なき道を往くという過酷さからは一転、この日は綱附森の前後の笹薮以外は最低限登山道として整備されている道で安堵。ニセ小桧曽山から土佐矢筈山までは開放感のある笹尾根歩きを終えた後は一旦矢筈峠に下り、再び綱附森への長い長い登り返し。その頃には天気は回復の兆しを見せつつあり、地蔵ノ頭を越えて天狗塚に着く頃には快晴と言えるレベルに好転……その後はお亀岩避難小屋付近にてテント泊。

続きを読む

剣山系縦走その1(土佐岩原駅→岩原神社→三方山→弘瀬山→京柱峠)

前回記事『四国中国登山旅行2日目』からの続きです。旅行全体から見ればこの日は3日目に当たります。

inuyamashi.hateblo.jp

f:id:SISIS:20210428195922j:plain

登山初日、土佐岩原を出発後は尾根に取り付き三方山、弘瀬山と経由して国道439号が横断する京柱峠まで歩きました。歩行距離自体は短いですが三方山の付近を除き全体的に藪が濃くて歩きにくく、予定ではもう少し早い到着のつもりでしたが結果的に一日掛かりに。道中は木の枝を掴んでの急登、伐採地に群生するトゲ植物、後半現れた有刺鉄線など障害物ばかりで快適に進める道ではなかったですが、後半はほぼ県境尾根で道自体は判別しやすく意外とストレス無く歩けました。

続きを読む

【2021年3月】剣山系縦走登山についての情報と記録

f:id:SISIS:20210407161533j:plain

2021年3月、剣山系の縦走登山に出掛けてきました。旅行全体の行程を扱った記事は別に設けていますので、当該記事では登った山に関しての簡単な紹介や実際に行かれる方向けの案内、各日程の概略、個別記事へのリンクを設ける程度に留めます。

続きを読む

四国中国登山旅行2日目 塩飽本島経由で四国上陸

f:id:SISIS:20210412224010j:plain

二日目であるこの日は四国上陸の日。四国に渡るにしてもただ単純に瀬戸大橋を渡ってしまうだけでは味気ないのと思ったので、近世における瀬戸内海の覇者である塩飽水軍の本拠とされた塩飽諸島本島を経由して渡りました。その後は丸亀に渡りうどんを食べたり現存天守である丸亀城を見物したり、余った時間で隣町の多度津を散歩したり。最終的にはかつての四国の十字路とも言われた四国山中の交通の要衝、阿波池田まで移動し翌日の登山に備えました。

続きを読む

四国中国登山旅行1日目 往路、明石に寄り道

f:id:SISIS:20210409164321j:plain

移動日である初日はひたすら電車を乗り継いでの西進。まともに立ち寄った所と言えば、岐阜の駅前一等地にある日本泉酒造の訪問と明石での食事&買い出しに限ります。とはいえ酒造では試飲も楽しめましたし、明石で購入した真鯛の柵は絶品で(少々量は多く後半は苦戦しましたが)、スタートからそれなりに楽しめた一日でした。

続きを読む

【2021年3~4月】四国中国登山旅行

f:id:SISIS:20210407161626j:plain

2021年、3月から4月にかけて西日本方面へ登山旅行に出掛けてました。期間は2週間と長いものになりましたが、主目的である剣山系の縦走登山は少々過酷だったものの歩きごたえは抜群、その後の旅行でも重伝建地区等の以前から行きたかった場所を回ったり、鮮魚を中心にグルメを堪能したり、最後の最後で天気が好転してくれたおかげで当初予定していなかった伯耆大山に登る事が叶ったりと終始飽きない旅でした。

続きを読む

【2011年12月】東日本大震災……その爪痕を確認する為の東北旅行

f:id:SISIS:20210311180530j:plain

2021年3月11日、東北地方沿岸部とその周辺地域を襲った東日本大震災から10年が経過しました。震災関連死を含めて2万人以上が犠牲となり、沿岸に連なる幾つもの都市が一日にして瓦礫と化した未曾有の大災害。当時の日本列島に大きく影を落とした事は10年経過した今となっても記憶に新しいです。

まだその爪痕が生々しく残るその9ヶ月後の2011年12月、私はその足で東北の被災地を訪れていました。その時の記憶を今回、10年が経過した一つの区切りとしてか、或いは自身の薄れゆく記憶に次第に焦りを覚えてか、ハードディスクの中で肥やしと化していた写真を活用して記事として書き起こしてみようと思いました。

続きを読む

楢ノ木尾根から雁ヶ腹摺山(猿橋駅→大峰→雁ヶ腹摺山→黒岳→やまと天目山温泉)

f:id:SISIS:20210304010736j:plain

2021年2月、雁ヶ腹摺山の登山に行ってきましたので、その時の情報などを記します。実際に登る際の参考にして頂ければ幸いです。

続きを読む

戸倉三山から陣馬山(武蔵五日市駅→刈寄山→市道山→臼杵山→陣馬山→相模湖駅)

f:id:SISIS:20210218012333j:plain

2021年2月、戸倉三山(刈寄山・市道山・臼杵山)から陣馬山方面の登山に行ってきましたので、その時の情報などを記します。実際に登る際の参考にして頂ければ幸いです。

続きを読む